ホーム  >  愛知県安城市・刈谷市・西三河エリアの不動産売却はセンチュリー21中部住まいる不動産販売・安城刈谷店  >  不動産売却Q&A動画  >  【動画で解説!】高く売れる時期はいつ?

【動画で解説!】高く売れる時期はいつ?
カテゴリ:不動産売却Q&A動画  / 投稿日付:2024/07/11 00:00


安城・刈谷のマンション・戸建・土地はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 安城刈谷店へ
安城市・刈谷市不動産売却不動産買取はお任せください/

こんにちは!
センチュリー21中部住まいる不動産販売 安城刈谷店です。

「売却しやすい時期」について動画でご紹介いたします。

※本動画は2021年8月2日に収録したものです。 今後の法改正等により、内容に不具合が生じる場合がございます。

【内容】

Q:不動産が売りやすい時期と売りにくい時期ってあるんですか?

A:そうですね、一般的には2月前後、9月前後需要が高まるといわれています。


Q:何故その時期に需要が高まるのですか?

A:転勤や入学等で人が動く時期だからです。


Q:ではその時期に売り出すと高く売れるのですね?

A:いえ、不動産価格は需要と供給のバランスに大きく影響を受けますので、必ずしもその時期に売り出せば高く売れるという訳ではありません。


Q:でも、その時期の需要は高まるのですよね?

A:確かに需要は高まりますが、その時期に合わせて売却したいとお考えになる売主様も多いので、供給も高まります。
需要と供給が高まれば、不動産の取引件数は増加しますので不動産会社にとっては繁忙期なので、『確実に売りたい』とか『早く売りたい』という方にはその時期に合わせて売却することは意味のあることだと思います。


Q:では、高く売るにはどうしたらよいのですか?

A:はい、不動産の価格は需要と供給のバランスに大きく左右されますので、同じエリア内にライバルになりそうな物件が有るのか無いのか、有るのであれば幾らで売りに出されているのか?

というマーケティングも重要になってきます。


Q:他にポイントはありますか?

A:営業マンのスキルの高さ、営業力の高さも重要になってきます。

どの営業マンに売却を依頼するかが一番重要かもしれません。


Q:売主様側で出来る対策はありますか?

A:はい、物件の第一印象を良くすることは需要なポイントです。

土地であれば草を刈ったり、建物であれば不要な物は出来るだけ少なくし、綺麗に掃除したりすることも重要です。


Q:リフォームはした方が良いですか?

A:リフォームに関しては難しいところですね。

築年数にもよりますが、初めから全面リフォームしたいと考えて購入される買主様もいらっしゃいます。

そういうケースの場合、せっかく売主様がお金をかけてリフォームしても、買主様の好みに合わなければ無駄な費用になってしまいます。

リフォームに関しては依頼する不動産営業マンに相談してみることをお勧めいたします。


不動産売却には時期だけでなく他にも重要なポイントが沢山あるのですね!


**―――** **―――****―――****―――**

安城市・刈谷市で不動産(戸建・マンション・土地)の売却のご相談は
センチュリー21中部住まいる不動産販売 安城刈谷店へご相談ください。


不動産買取・任意売却・リースバックのご相談も承っております(相談無料)。

安城市・刈谷市・尾張知多エリアに強く、経験の豊富なスタッフが対応いたします。

売却をご検討の方は下記フォームからメールにてご相談かお電話にてご相談ください。

0120-21-8730(年中無休・通話料無料)


Aコース:まずは相場から知りたい
安城市・刈谷市の相場を知りたい


Bコース:急いではいないが売却を検討されている
安城市・刈谷市で急いでないが高く売りたい


Cコース:できるだけ早く売却したい
安城市・刈谷市の不動産を早く売りたい


Dコース:即現金がほしい。買取を御希望

安城市・刈谷市でマンション・戸建・土地買取


〇スタッフ紹介〇

安城・刈谷エリアに強く、経験豊富なスタッフが対応


〇販売中の物件情報〇

 安城市・刈谷市のマンション・戸建・土地購入もセンチュリー21中部住まいる不動産販売 安城刈谷店へ


査定フォーム や お問い合わせフォーム からでもお問い合わせ・ご相談を承っております。

安城市・刈谷市を中心に愛知県内の不動産売却のご相談は年中無休で営業しているセンチュリー21中部住まいる不動産販売 安城・刈谷店におまかせください!

安城市・刈谷市の不動産 購入・売却はセンチュリー21中部住まいる不動産販売安城刈谷店へ

0120-21-8730(年中無休・通話料無料)


**―――** **―――****―――****―――**


ページの上部へ